クレジットカード現金化の安全な面や注意した方が良い点などについて

ショッピング枠を現金化するクレジットカード現金化は、カードローンや消費者金融からの借入とは違って厳しい審査が必要ありません。

家族構成や年収や勤務先を伝える必要がないので、重要な個人情報が流出しないという点で安全性が高いです。

ただし、中には悪徳業者も存在して必要以上に個人情報を聞き出そうとするところもあるので、注意が必要です。

優良な業者を選ぶためには、インターネット等で業者の情報を調べることが大切です。

気になる業者に対しては電話で問い合わせると、業者の様子が分かります。

答えにくい質問をして対応が丁寧かどうかで、優良な業者かどうか判断することができます。

業者に依頼する場合の還元率の相場が80%程度であるので、最終的な換元率が80%前後で即日に現金が得られる業者を選ぶことが大切です。

換元率が95~98%であるなど明らかに還元率が高い場合は、疑問を持った方が良いです。

入金までに決済手数料や振込手数料などの必要経費が発生して、最終的な還元率が購入金額に対してかなり低くなる場合があります。

一方で、自分でクレジットカード現金化を行う場合は、悪徳業者にあたらないという点で安全性があります。

ただし、金券ショップのスタッフが客を見て還元率を下げる場合もあるので、還元率を高くするためにマメな情報収集が大切です。

また、自分でクレジットカード現金化を行う場合は、カード利用停止になるリスクが高いです。

転売目的でショッピング枠を利用することは、多くのカード会社が禁止しています。

したがって、換金性の高い商品をショッピング枠でまとめ買いするなど、ショッピング枠の不自然な利用は控えた方が良いです。

手間暇かける時間がない方は専門業者に依頼した方がリスク・スピードは確実に違います:口コミで人気のビックギフト


タグ :